こんにちは、首藤です。

いよいよ出北モデルの木工事が始まりました。

s-DSC00504

実は、1Fの床工事の木工事は終わっておりまして

立体的に組みあげる木工事の始まりです。

建込みを待つ柱や桁材です。

すべて加工は、プレカット加工で行われています。

プレカット加工とは、

手刻みで加工していたほぞ穴やほぞを、コンベアーの流れ作業のなかで

自動機械が加工して仕上げる加工技術です。

それだけに、加工精度は非常に高いものがあります。

しかし、この柱はこっち向きにこの桁材はこのようにという

機械に搬入する前の材料選別は人間が行わなければなりません。

この作業がとても大事になります。

この部署だけは練度の高い作業者が

担当しています。

首藤でした。

コメント:(0)

コメントフォーム
上記入力内容を次回以降に記憶する。
MOBILE
QRコード
検索
リンク