こんにちは首藤です。

先日、門川町役場に行ってまいりました。

町道に面した宅地への、進入路作造の

ご相談にうかがった次第です。

s-DSC01605

道路向かいの段差と進入路の画像です。

住宅街では今でも、この段差解消に

市販のスロープを

使ったりしているのを見かけますが、

交通量の多い道路では、当然、危険な設置物として

撤去を命じられます。

そこで、歩道乗り上げのための工事が

必要となります。

これを道路法第24条の承認工事といいます。

門川町の場合、一般住宅地の場合、開口幅4m

ということです。

中々費用と手間の掛かる工事ではあります。

しかし、お施主様の快適な生活のためです。

粛々と対応して参ります。

首藤でした。

コメント:(0)

コメントフォーム
上記入力内容を次回以降に記憶する。
MOBILE
QRコード
検索
リンク