こんにちは首藤です。

今回は、「スロープ勾配について」と予告しておりましたが、

急遽変更させて頂いて「住まいと車椅子」と

させて頂きます。

車いすと高齢者2

一般の方も、また建築業の方も

高齢者の究極の姿として、車いすに乗った姿を想像されるようです。

しかしながら、

住居内で車いすに座っておられる方はごく少数ですし、

また室内を車いすに乗車して移動(介助も含めて)されている方は、

もっとまれな存在です。

利用される方の大半は、屋外での移動のための利用者です。

車いす利用を想定しての空間プランは、

皆さんが思われているより、大きな空間を必要としますし、

壁などへの伝い歩きをされる方には、広い通路が困った存在となる場合があります。

従って新築時に、玄関などの出入り口にスロープを設置するのと同様に

住居内に、あらかじめ車いす移動のための空間を計画することは、

大半、「無駄な投資」に終わることになります。

むしろ、ご家族間での介護のし易さを念頭に

計画されたほうが実際的かと思います。

計画段階から、そうした環境を必要とするご家族がいらっしゃる場合は、

遠慮なく当社にご相談下さい。

専門的な知識と経験で、しっかり対応させていただきます。

首藤でした。

コメント:(0)

コメントフォーム
上記入力内容を次回以降に記憶する。
MOBILE
QRコード
検索
リンク