こんにちは、豊島です。

全国で桜の開花宣言が続々とされ始めましたね。

ところで、皆様は『造幣局の桜の通り抜け』というのをご存知ですか?

大阪市北区にある「造幣局」。実は全国的に有名な桜の名所のひとつで

毎年、4月の開花時にあわせて1週間だけ「桜の通り抜け」を開催しています。

構内に続く全長560mの通路には、様々な品種や、貴重な桜が

多く植えられている事でも知られており

開花のピークには桜のトンネルとなり、この1週間だけは特別に桜を堪能できます。

ちなみに「桜の通り抜け」が行われるようになったのは明治16年のことで

「自分たちだけではもったいない・・・・」

と、当時の局長が始め、当初は1kmを開放していました。

しかし明治31年以来560mとなり、北向きに一方通行で歩くのが決まりとなりました。

貴重な桜や様々な品種が多くありますが、なかでも特に見所なのをいくつか

濃い紅色の花びらが30枚ほどある大輪の花を咲かせる『関山(かんざん)

咲き始めの淡い紅色の花びらから次第に白色の花びらへ変わる『松月(しょうげつ)

紅色の花が集まり、手鞠のようなまん丸の桜『紅手毬』

などおよそ 370本、120品種を超える桜のトンネル。一度は通り抜けてみたいですね!

さて、次回は野地モデルの進捗情報を載せますね!

U-art 豊島

MOBILE
QRコード
検索
リンク