こんにちは首藤です。

今日は、先日ご紹介いたしました

昭和町での見学会新築建物の外観パースに続いて

内観パースをご紹介いたします。

通常はデザイナーの意匠で、花を置いたり置物を置いたりして

内観パースに現実感を持たせていますが、

今回はお施主様の意図をそのまま表した内観パースの

ご紹介となります。

s-米田様邸-LDK01 (1)

いかがですか、大迫力のパースだと思います。

U-artの自由設計思想の具現化です。

お施主様の想いを酌んで形にする。

この建物には、もっともっとお施主様の良い意味での

わがままが詰まっています。

2月の10(土)11(日)12(月)の

三日間、見学会の開催を認めて頂いています。

収納部のユニークさを始め、参考にしていただける工夫を

たくさん見て頂けると思います。

ご家族そろってご来場ください。

社員一同お待ち申し上げます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

一雨ごとに暖かくなっていくのでしょうね。

早く暖かくなって、インフルエンザが終息するのを願うばかりです。

今回は、予告していた「スロープの勾配」について。

先日、あらかじめスロープを用意しておくことは無駄な投資に

なることがあると述べさせていただきました。

しかし、既にそうした環境を必要とされるご家族がお出での場合は、

当然、建築時にスロープ設置を予定することになります。

また、お身体の都合でなく買い物カートを常用される

方の場合も、やはり予定されるかもしれません。

今回は、お身体の都合でスロープを必要とされるご家族のための

スロープについて述べます。

最初にスロープ勾配の表し方から。

スロープ勾配は、1/10など何分の一の表現で表します。

ちなみに市役所の九電営業所側のスロープは1/12だったと思います。

s-市役所kai

黄色の線の先端にあるスロープです。

これは、10cmの高さを上るのに水平距離で120cmの

長さのスロープになっているということです。

一般的な段差である玄関テラス高さ50cmの場合、

同じ勾配のスロープを計画すると、

実に6mの水平距離を必要とする事になります。

次回は、そのあたりの実態をお話させていただきます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

先日ご紹介した粟野名のA様邸、

今週の上棟式に向けて、着々と準備が進んでいます。

s-CIMG1652

土台に囲まれて白く見えているのが、断熱材の

厚さ24mmのスチレンボードです。

一階の床全体に敷き詰めます。

右側に敷かれているのが、同じく厚さ24mmの合板です。

この合板を、断熱材に密着させながら土台に緊結していきます。

とても強固な水平基盤が出来上がります。

s-CIMG1651

二階床も同じく、厚さ24mm合板を敷き詰めます。

U-artの建物が、デザインだけでなく耐震性にも優れている所以です。

柱や間柱・筋交の組まれた様子は、建物の進捗に応じて

順次、ご紹介していきます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

ここ数日暖かい日が続いていますが、

油断はなりません。

また来週半ばから数日、寒波がやってくるようです。

そうしたせわしさの中、明るいお話を。

s-DSC02075改

延岡市粟野名で、A様邸の上棟式の準備が進んでいます。

基礎工事に携わる皆さんご苦労様です。

屋根も壁もない建築地で、いつも真っ先の作業をされています。

おかげで丈夫な基礎が仕上がりました。

s-DSC02220

A様邸の工事の進捗状況については

折に触れてご紹介していきます。

それにしてもこの敷地の周囲は、高い建物もなく

広大な空が広がっています。

U-artの特徴ある建物が一層映えると思います。

続報にご期待ください。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

今回は、「スロープ勾配について」と予告しておりましたが、

急遽変更させて頂いて「住まいと車椅子」と

させて頂きます。

車いすと高齢者2

一般の方も、また建築業の方も

高齢者の究極の姿として、車いすに乗った姿を想像されるようです。

しかしながら、

住居内で車いすに座っておられる方はごく少数ですし、

また室内を車いすに乗車して移動(介助も含めて)されている方は、

もっとまれな存在です。

利用される方の大半は、屋外での移動のための利用者です。

車いす利用を想定しての空間プランは、

皆さんが思われているより、大きな空間を必要としますし、

壁などへの伝い歩きをされる方には、広い通路が困った存在となる場合があります。

従って新築時に、玄関などの出入り口にスロープを設置するのと同様に

住居内に、あらかじめ車いす移動のための空間を計画することは、

大半、「無駄な投資」に終わることになります。

むしろ、ご家族間での介護のし易さを念頭に

計画されたほうが実際的かと思います。

計画段階から、そうした環境を必要とするご家族がいらっしゃる場合は、

遠慮なく当社にご相談下さい。

専門的な知識と経験で、しっかり対応させていただきます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

朝はまだ寒いですが、お昼には寒さも緩みそうです。

今日は日中、ヒーターを付けずに走れるかもしれません。

シニアな私としては一息付けます。

今日は以前予告していました、見学会のお知らせです。

この建物の、ご紹介コピーを作るのに苦労していますが、

私の考えたコピーの素材をご紹介して

この建物の性格を、感得していただければと思います。

・自分らしい棲み家(すみか)造り

・妥協のない自分の趣向の追求

・漢(おとこ)の夢の実現

・決して誰にも渡したくない私の家

等々。

これが見学会をさせて頂くY様の建物です。

皆さん、三階建てですねと言って通られます。

そこにも、この建物の秘密が隠れています。

s-米田様邸-外観2 (1)

おいおいに、その他のパースもご紹介させて頂きます。

おや、まァと思っていただける

あれこれを、ご紹介させて頂くのが楽しみです。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

今回の一団の寒波は、今日までで

明日からは少し緩むようですね。ほっとします。

先日寒風の中、南一ヶ岡モデル住宅建築地の地盤調査に

立ち会ってきました。

s-DSC02141

南道路の日当たりのよい敷地です。

計測中です。

s-DSC02155

微妙な振動音はしていますが、体感できるような振動ではありません。

地中に向けて振動波が伝わっている状況だそうです。

その反応をとらえているのが、このディスプレイ画面です。

s-DSC02148

結果はまだ文書として来ていませんが、

技術者の話として、「相当硬い岩盤の上にある敷地です。

この辺りは本下水だからよいですが、浄化槽を設置する環境であれば

かなりてこずる地盤です」とのご宣託でした。

寒さに震えて立ち会った甲斐がありました。

次からはホッカイロを準備していきたいと思います。

技術者の方も、ほぼ1時間敷地の真ん中で

震えていました。ご苦労様でした。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

早速ですが前スレの「無駄な投資になる」その理由を。

住宅に設置されるスロープには

二種類の用途があります。

一つは歩行用であり、もう一つは当然車いす用です。

車いす用はまた、介護用なのか自分でこぐのかで

スロープの形態は変わってきます。

そしてまた、介護をどなたがするのかによってでも

変わってきます。

簡単に分けてもこれだけの区分けになります。

スロープを計画する段階でどの形態を選んだかは、

その後の生活に大きくかかわります。

s-cube-icon_orange028

スロープを当初に設置し、その後にそのスロープに適した状況が発生するのは、

「神ならぬ身の知る由もなし」となります。

「無駄な投資に」の所以(ゆえん)です。

しかしながら、今現在、設置を必要とする状況が御座いましたら

ご相談ください。

当社が、責任をもってご相談をお受けいたします。

次回は、「スロープの勾配」について

書いてみたいと思います。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

暖かいなと油断をしていましたら、

突然のこの寒さです。

インフルエンザもかなりの罹患率のようです。

皆様ご用心を。

特にシニアの皆様におかれては

くれぐれもご用心を。

これから時々、シニアの皆様のための建築豆知識を

お届けしたいと思います。

s-首藤さん

(シニアな首藤です)

先ず軽くさわりから。

プランご相談の際に、「新築時にスロープを作っておきたいが」

という、ご相談をお受けすることがあります。

結論から先にお話しすると、

「間違いなく、無駄な投資になると思います」

とお伝えしています。

その理由は、次回からお話しさせていただきます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

皆さま、明けましておめでとうございます。

私、今年初めてのお目見えでございます。

はや、七草がゆの話題となりました。

暮れから年明けにかけて

ずいぶんと胃を、こき使われたのではないでしょうか。

ここらで、内臓にもお正月休みをお与え下さい。

昨年は酉年、今年は戌年。

s-DSC02044

当社の干支の置物です。

実に12年ぶりの出会いです。

積もる話もあると思いますので、もうしばらくこのままで

仲良く2年越しの干支並びをしていただき

お酉様には、しずしず12年後の

再登場までお休み頂く

ことにいたします。

首藤でした。

MOBILE
QRコード
検索
リンク