こんにちは首藤です。

早速ですが前スレの「無駄な投資になる」その理由を。

住宅に設置されるスロープには

二種類の用途があります。

一つは歩行用であり、もう一つは当然車いす用です。

車いす用はまた、介護用なのか自分でこぐのかで

スロープの形態は変わってきます。

そしてまた、介護をどなたがするのかによってでも

変わってきます。

簡単に分けてもこれだけの区分けになります。

スロープを計画する段階でどの形態を選んだかは、

その後の生活に大きくかかわります。

s-cube-icon_orange028

スロープを当初に設置し、その後にそのスロープに適した状況が発生するのは、

「神ならぬ身の知る由もなし」となります。

「無駄な投資に」の所以(ゆえん)です。

しかしながら、今現在、設置を必要とする状況が御座いましたら

ご相談ください。

当社が、責任をもってご相談をお受けいたします。

次回は、「スロープの勾配」について

書いてみたいと思います。

首藤でした。

MOBILE
QRコード
検索
リンク