こんにちは首藤です。

いよいよ梅雨本番ということで

明日から当分は、雨模様の天気が続くようです。

今回は、久しぶりに豆知識をご披露したいと思います。

両親と同居又は予定のお客様から、将来車いすになっても

心配無いようにしておきたいというお声を、良くお聞きします。

「外から、スロープで室内に入れる場所を確保しておきたい」

「車いすでも、トイレが使えるように考えておきたい」

そんなご相談です。

s-無題

お話しの流れは、

車いすでのお出掛けから帰って、スロープを使ってお部屋へ。

お部屋から、通路を通ってトイレ室に行く。

ですが、

車いすのタイヤは自転車のタイヤと同じです。

外を乗り回した自転車で、室内に入る方は居ません。

車いすは当然、室外~室内の間で乗り換えが必要です。

ここで、乗り換えの場所の確保が必要となります。

また、段差の大きい道路又長距離を移動する車いすと、

狭い室内を移動する車いすでは、用途・種類が違います。

U-artでは、そうしたことも十分考慮して、プランの提案しています。

失敗のない家づくりのためにも、

ぜひU-artでのご相談をお勧めします。

首藤でした。

MOBILE
QRコード
検索
リンク