こんにちは首藤です。

昨日は昭和町において、S様ご一家の上棟式でした。

幸いお天気にも恵まれ、暖かく穏やかな上棟式になりました。

川風に吹かれて、吹き流しも元気に風をはらんでいます。

IMG_3802

式には、ご夫婦とお子様、ご親族皆様が顔を揃えて頂きました。

棟梁の式作法に倣って、お子様もお母様と

ご一緒に式作法を行いました。

s-目線3

その後、餅撒きです。

さすが男の子です。

大人に混じって高い所からお菓子を撒いています。

s-IMG_0620

天気も良く、大勢の地域の方々に参加して頂きました。

大人の方には懐かしく、子供たちには良い思い出になるだろうと思います。

s-IMG_3869

お施主様の準備もなかなか大変ですが、

残しておきたい、お目出たい行事だと思います。

今日の良き日を機に、S様ご一家の幸せのために

社員一同、懸命に精進いたします。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

3月16日・17日の南一ヶ岡完成建物展示会は

盛会の内に無事終了いたしました。

両日とも、天気晴朗なれど風強しで、特に初日の朝方は

テントの設営など、展示会の準備も容易でないほどの風が吹きました。

そうした中でも、大勢のご来場者がお見え頂きました。

ご来場者が特に興味を持たれたのは、見学建物の収納能力の高さでした。

各室にそれぞれ十分な収納箇所を設け、階段下や小あがりの

和室下などあらゆる空間を無駄にせずに、収納箇所を

設けていました。

特に二階の主寝室に設けたウオークイン・クローゼットは、

その収納力とともに、利用度の高い空間の作り方に

奥様方が強い興味を表されました。

末筆になりましたが、二日間に渡る見学会を快く

お許しいただきましたご家族に、厚く感謝申し上げるとともに

社員一同、より一層の精進を重ねていきますことを

お誓いして、感謝の気持ちを表したいと思います。

今後も、次々と棟上げを迎える建物が控えております。

完成間近となりましたら、またこのブログで

その様子を紹介させていただきます。

首藤でした。

こんにちは首藤です。

この季節には珍しく、暖かくかつ雨天の多い日が続きました。

そうした中、

皆様には、お子様の卒業・入学とお忙しい日が続いているかと思います。

ご家族の家づくりをスタートさせる契機の一つに

お子様の新入学、それも小学校への入学がございます。

現在建築中のお客様の中にも、そうした契機で

住まいづくりをスタートしたお客様の建物がございます。

ご家族の団らんを中心にプランを立て、お子様の成長を見越しながらの

ご家族の生活スタイルを重視した建物となっています。

今回、南一ヶ岡で見学会をさせて頂く建物も

やはり、ご家族の団らんをメインにした建物となっております。

出来るだけ、すっきりとした生活スタイルを

維持するための、収納部分を多く取り入れた

片付けやすい工夫がなされています。

LDKに接して設けられた、小上がりの和室は

ご家族の、その空間の様々な利用方法を、予感させてくれます。

是非、3月16日、17日の展示会に足をお運び頂き、

皆様の住まいづくりの参考にして頂ければと思います。

2019-0316-A1

一ヶ岡郵便局の角から、坂を南進して頂ければ、

分かり易いご案内板を設置しております。

首藤でした。

こんにちは秋田です。

コチラのページにはお久しぶりです。

U-artでは、平成最後となるかもしれない『完成邸見学会』を

来週末に開催致しますョ!

開催場所は、延岡市南一ヶ岡5丁目です

一ヶ岡郵便局を左折して、坂を上りきるころには、会場に到着できますよ(笑)

開催期日は16日(土)17日(日)の二日間

開催時間は、両日共に10時から17時まで・・・と、なっております!!

2019-0316-A1

広いLDKには、小上がりの和室を持つ4LDKです。

その他、見所満載となっておりますので、

是非、御家族揃って、お越しください。

U-artでは、併せて『新生活応援フェア』を開催中(3月31日まで)

2019-0316-B1

お店にも、是非、足を運んで下さいネ。

U-artより秋田でした。

こんにちは首藤です。

昨日は、雨天の中、昭和町で地鎮祭が御座いました。

中古住宅の立つ宅地を買われ、その解体工事終了を待っての

地鎮祭です。

堤防に沿った道路を南側に持ち、日当たりの良い

地形の良い宅地です。

ご夫婦ともお仕事を持たれており、タイトなスケージュールの中、

催行日時を調整しての式でした。

それでも、早朝から式準備中まで降っていた雨も

ご家族が参集される時刻には小雨となり、

式典中には止んでしまいました。

中々強運のお施主様です。

s-IMG_3532

s-IMG_3551

建物は、奥様の動線を間取りプラン策定の中心に置き

キッチンから洗面室を兼ねた脱衣室へ、

そこから洗濯機を据えたドライルームへと、無駄な動きを排して

奥様のスムーズな家事作業に有用な利便性の高い動線となっています。

この家事室兼ドライルームの設置は、お忙しい奥様には

とても好ましく価値ある機能室だと思います。

私共も、完成の待ち遠しい建物です。

首藤でした。

MOBILE
QRコード
検索
リンク