株式会社 吉玉畜産 ホームページ ➡➡➡ http://www.yoshichiku.net/

今日4月20日は、私たち畜産農家にとっては特別な日です。

2010年 平成22年 4月20日

家畜伝染病 【 口蹄疫 】 感染が公表された日です。

口蹄疫とは、豚・牛・水牛・羊・山羊・鹿・猪・などの偶蹄類(ひづめが2本または4本に分かれている)がかかる伝染病で、感染力が強く、運動障害や繁殖障害、死に至ることもあり、感染拡大防止のため感染した家畜はもちろん、感染疑いや疑いがなくとも同農場で飼育されている全ての家畜が殺処分される非常に恐ろしい病気です。

宮崎県では、4月20日の発表から7月4日の終息宣言までに約30万頭の家畜が殺処分されたのです。

なぜこんなにも多くの牛さん豚さん達が無駄に命を奪われなければいけなかったのか・・・

問題は、2000年、2010年とこの口蹄疫の被害にあったにも関わらず、今だ原因や感染経路の特定が出来ていないことです。

もともと日本国内にはこの病原菌は存在しませんから、海外から人もしくは物を介して入って来たのでしょう。

皆さんに知って頂きたいのは、畜産農家は日々この病気への恐怖心と闘っています。

空港や役所などには消毒箇所が設けられていますので、せめて靴底の消毒だけでもしていただきたい。

もうあんな地獄は見たくありません。

皆様のご理解とご協力をお願いするほかありません。

よろしくお願いいたします!!!

2010年の口蹄疫について➡https://ja.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C


コメント:(0)

コメントフォーム
上記入力内容を次回以降に記憶する。
MOBILE
QRコード
検索
リンク